ニューまとめ

<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: かわる ★
奈良公園の鹿が新型コロナウイルスによる観光客の減少で、餌を与えられる機会が減り、周辺の山で草を探すようになるなど、野生の状態に近づいていることが北海道大学などの調査でわかりました。グループでは、草をしっかり食べるようになって栄養状態がよくなり、出産の増加などにつながる可能性もあるとしています。

調査を行ったのは北海道大学と保護団体の奈良の鹿愛護会のグループです。

グループでは新型コロナウイルスによる観光客の減少で、国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」の行動に、どのような変化が出ているか調査しました。

餌もらえず草を探しに山へ?

その結果、観光客が減る前のことし1月と比べ、先月は奈良公園の中心部にいる鹿の数が3割以上減っていました。人から餌を与えられる機会が減り、主食の草を周辺の山などで探す時間が増えたためと見られます。

しっかり「反すう」可能に

また、芝生に横たわるなどして休息している鹿は、1月の調査では全体の2割ほどでしたが、6月には6割に増えていました。観光客との接触が減ったためとみられ、休息の時間が長くなることでいったん飲み込んだ食べ物を再び口に戻す「反すう」を、しっかり行えるようになると考えられます。

北海道大学の立澤史郎助教は「奈良公園の鹿が観光客の減少で野生の状態に近づいている。草をしっかり食べて反すうすることで、栄養状態がよくなり、赤ちゃんを多く産むようになる可能性もある。今後の影響を注視したい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012506741000.html

引用元: ・【生態系】奈良公園のシカが餌を貰えないことで野生化して大繁殖の危険性へ [かわる★]

【【生態系】奈良公園のシカが餌を貰えないことで野生化して大繁殖の危険性へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: かわる ★
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の一部の患者で、ウイルスに対する抗体がわずか数週間で消失したため、新型コロナウイルスに対する集団全体の免疫は「達成不可能」である可能性が示されたという報告書が発表されています。

Prevalence of SARS-CoV-2 in Spain (ENE-COVID): a nationwide, population-based seroepidemiological study - The Lancet
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)31483-5/fulltext

Spain's coronavirus antibodies study adds evidence against herd immunity - CNN
https://edition.cnn.com/2020/07/06/health/spain-coronavirus-antibody-study-lancet-intl/index.html

この報告は、スペインで実施された大規模調査に基づいたもの。調査では、2020年4月27日から5月11日にかけて、ランダムに選出された6万1075人の参加者に対してCOVID-19の症状歴と兆候に関するアンケートに回答したのち、新型コロナウイルスのIgG抗体の血清有病率の調査が行われました。6万人超を対象とする今回の調査は、過去最大規模となるそうです。

この調査が注目しているのは、新型コロナウイルスに対する集団免疫の有効性です、集団免疫とは、コミュニティの中で免疫を保有する人が増えることで、ウイルスの感染拡大が食い止められることを意味します。新規感染者を出さないためには、コミュニティの7~9割が抗体を持って免疫を獲得することが重要です。

しかし調査の結果、全体のおよそ5%の人しか新型コロナウイルスに対する抗体を持っていなかったことが判明しました。研究チームによれば、スペイン人の大部分は、特にCOVID-19の感染率が高い地域においてさえ、新型コロナウイルスに対する血中抗体反応の多くが陰性だったとのこと。

さらに、以前に抗体を持っていたと診断された人の14%が、2回目のテストで抗体が検出されなくなったこともわかりました。つまり、感染して新型コロナウイルスに対する免疫を獲得しても、数週間から数カ月の時間経過で抗体が失われてしまう可能性があるというわけです。

報告書では「スペインでの大流行の背景で観察された比較的低い抗体有病率は、他の国への参照として役立つかもしれません。集団免疫は、感受性の高い集団における多くの死亡者の付随的な損害と保健システムの過剰負担を受け入れなければ達成することは困難で、非現実的です」と述べました。

ランセット誌の解説著者でジュネーブ新興ウイルス病センター所長のイザベラ・エッケル氏とジュネーブ大学のウイルス学者ベンジャミン・マイヤー氏は「今回の研究から、自然感染によって集団免疫を達成するというアプローチは、極めて非倫理的であるだけでなく、達成不可能です」と述べ、集団免疫に期待できないことから、再び感染が爆発的に拡大する可能性も指摘しています。
https://gigazine.net/news/20200709-covid-19-antibody/

引用元: ・【絶望】「新型コロナウイルスの集団免疫は数週間しか続かない」という新たな研究結果 再び感染が爆発的に拡大する可能性へ [かわる★]

【【絶望】「新型コロナウイルスの集団免疫は数週間しか続かない」という新たな研究結果 再び感染が爆発的に拡大する可能性へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 朝一から閉店までφ ★
公開:2020-07-09
更新:2020-07-09By - grape編集部

そーき(@souki_e)さんがTwitterに投稿した、スーパーで購入した卵のパッケージがかわいいと、注目を集めています。

投稿者さんが思わず衝動買いしたという卵が、こちらです!


no title

no title



『たまご』と記された左側に、顔文字が付いていたのです!

「こんなパッケージは初めて見た」という投稿者さんは、続けて次の写真も投稿していました。

no title


しょぼーーーん。

「買って」といわんばかりの表情に、心をくすぐられますね。

こちらの卵は、鹿児島県南九州市にある、『松原養鶏場』の卵。

筆者がパッケージの採用担当者に、理由を問い合わせたところ、以下のような回答がありました。



「松原養鶏場ではない、もう1つの養鶏場が卵の販売に困っていたため、その気持ちを顔文字で表しました」



かわいらしいパッケージに隠されたおちゃめな発想に、心が和みますね。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://grapee.jp/844569

引用元: ・【(・∀・)イイ!!】 男性がつい購入してしまった『卵』に、5万人が吹き出す! その理由が… [朝一から閉店までφ★]

【【(・∀・)イイ!!】 男性がつい購入してしまった『卵』に、5万人が吹き出す! その理由が…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 首都圏の虎 ★
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が人々の憎悪を煽っている。

全米でシャットダウンが始まった3月、FBIは「アジア人およびアジア系アメリカ人コミュニティに対するヘイトクライムが増加するだろう」と警告していた。残念ながらこの予想は的中し、「アジア系アメリカ人や太平洋諸島の人々を対象としたヘイトクライムが爆発的に増えている」と米紙「ロサンゼルス・タイムズ」は伝えている。

米「CBS」によると、アジア系アメリカ人を狙ったヘイトクライムは、今年3月から6月までの間に少なくとも2100件以上起きていたという。中国系アメリカ人の権利擁護団体「Chinese for Affirmative Action」が過去数年で集積してきたデータの20倍にあたる数だ。

なかでもヘイトクライムが多かったのは、カリフォルニア州。約2100ある事件のうち832件は同州で起きており、身体的な攻撃、言葉による暴行、オンラインでのハラスメントなどの被害が報告された。「職場で差別を受けた」、「施設の出入りを禁じられた」、「交通機関の利用を妨げられた」などといった「公民権侵害」も起きている。

なお、こうしたアジア系の人々を狙ったヘイトクライムが目に見えて増えているのは、アメリカだけではない。前出の「CBS」によれば、ロックダウン措置が取られて以降、イギリスでも同様のヘイトクライムが21%増加したという。

「アジア人」はみんな敵?
アメリカでは具体的にどのような事件が起きているのだろうか。カリフォルニア州内で起きた事件を「CBS」や「ロサンゼルス・タイムズ」などが報じているので、抜粋して紹介しよう。

■アジア系アメリカ人の男性が買い物をしていると、店で居合わせた男に「中国ウイルスをアメリカに持ち込んだ」と大声で咎められたという。「中国に帰れ」「チャイナ野郎め」「お前は猿だ」などといった暴言も放たれた。

■車のチャイルドシートに子供を乗せようとしていた女性が、ガラス瓶を投げつけられるという事件が起きた。加害者は「国に帰れ、チンク(アジア系を指す蔑称)」と叫んだとされている。

■散歩させていた犬を通行人に蹴られ、唾を吐きかけられる事件が起きた。飼い主のアジア系女性は「この国をダメにしている病気を持って帰れ」と言われたと語っている。

■「この最低なウイルスはお前の母国から来た」と、マスクをしていないカップルに突然話しかけられた人もいる。被害者はまた「ゴキブリみたいに汚らしいヤツだ」などと言われたという。

目と耳を疑うような差別的言動に愕然としてしまうが、こうした事件の背景には、トランプ大統領による「中国ウイルス」発言が影響していることを前出の「Chinese for Affirmative Action」は指摘している。

「CBS」は同グループの見解を以下のように報じた。

「同グループによると、トランプ大統領などによる人種差別的なレトリックがアジア系アメリカ人に対するヘイトクライムと相関しているという。加害者のなかには、中国に対する激しい反感を示し、トランプ大統領の“中国ウイルス”という言葉を真似している者が多かった」

アメリカでは新型コロナウイルスの感染者が再び急増している。ウイルスとヘイトのパンデミックはいつ終息するのか──。

7/9(木) 19:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/44d0ffed9571c7103e5309a7a7fe8fc9e7027b11

引用元: ・「この猿め」「お前はゴキブリだ」 米国で激増中のアジア系差別 [首都圏の虎★]

【「この猿め」「お前はゴキブリだ」 米国で激増中のアジア系差別】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ガーディス ★
先月、静岡県沼津市の路上で女子大学生が刃物で刺され殺害された事件で、逮捕された同じ大学の20歳の男が、「LINEをブロックされたから殺した」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。検察は刑事責任能力を調べるため「鑑定留置」を請求し、精神鑑定が行われることになりました。

先月27日、沼津市の路上で近くに住む山田未来さん(19)が刃物で刺されて死亡した事件では、同じ大学に通う三島市の大学生、堀藍容疑者(20)が、殺人未遂の疑いで逮捕され、殺人の容疑に切り替えられて送検されました。

警察の調べに対し、「山田さんにLINEをブロックされたから殺した。刃物を購入して山田さんの車や自宅を特定して待ち伏せした」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。

堀容疑者は、1年ほど前からLINEで山田さんを何度も食事に誘っていましたが、断られていたということです。

静岡地方検察庁沼津支部は、動機が極端で一方的に執着する様子がうかがえることなどから、専門家による精神鑑定を行って刑事責任能力を調べるため、裁判所に「鑑定留置」を請求しました。

期間は、9日からおよそ3か月間の見通しで、検察は、精神鑑定の結果などを踏まえて起訴するかどうか、判断するものとみられます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200709/k10012507031000.html

引用元: ・【静岡】女子大生の未来さん殺害の藍容疑者「LINEブロックされたから○した」精神鑑定へ [ガーディス★]

【【静岡】女子大生の未来さん殺害の藍容疑者「LINEブロックされたから○した」精神鑑定へ】の続きを読む

このページのトップヘ