2019年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/14(水) 07:55:51.64 ID:wQ/cWd239
     マツコの所属事務所が13日、サンケイスポーツの取材に応じ、「発言は別にあちらの党を否定したものではないし、なぜこんな騒ぎになっているのか。
    残念です」と語った。

     立花氏は12日の抗議後、「『マツコがパニック、もう番組降ります』という内部情報が(MX側から)来ている」と明かしていた。これに事務所側は
    「(パニックには)全然なってません。そんなことで動揺する人でもない。降板の話も全くない」と完全否定。N国党を訴えるなどという動きもなく、
    マツコは「警察の方にも警備の方にもMXさん側にもご迷惑がかかるのが嫌」と困惑しているという。

     また、MX側はサンケイスポーツの取材に「対応は現在検討中」と回答した。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000026-sanspo-ent

    引用元: ・【芸能】マツコ所属事務所、N国・立花党首に“反論” 動揺も降板も「全くない」

    【【芸能】マツコ所属事務所、N国・立花党首に“反論” 動揺も降板も「全くない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/14(水) 05:12:53.96 ID:HeOjesDl9
    平愛梨、第2子出産 夫・長友佑都が報告
    2019.08.13 22:08
    https://mdpr.jp/news/detail/1860037

    平愛梨、長友佑都(C)モデルプレス
    no title


    [yutonagatomo55]
    no title




    女優の平愛梨(34)が第2子を出産したことを、夫でサッカー日本代表の長友佑都選手(32)が13日、自身のInstagramで報告した。

    長友選手は生まれたばかりの我が子を抱く写真とともに「第2子が誕生しました!母子ともに元気です」と報告。「異国の地で頑張ってくれた妻とサポートしてくださった皆さんに心から感謝します。女性は偉大すぎる!」と平に感謝した。

    さらに、「自分自身、夫として、父親としてより一層責任を持って頑張っていきます!引き続き長友家をよろしくお願い致します」と呼びかけた。

    2人は2017年1月29日に入籍し、6月に都内で結婚披露宴を実施。昨年の2月5日、長友選手が自身のSNSで第1子長男の誕生を発表。今年3月15日に第2子妊娠を報告していた。(modelpress編集部)

    (おわり)

    引用元: ・【芸能】平愛梨、第2子出産 夫・長友佑都が報告

    【【芸能】平愛梨、第2子出産 夫・長友佑都が報告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/14(水) 05:13:54.59 ID:HeOjesDl9
    コウメ太夫、切実な「チクショウ」 ブレイクきっかけの番組が…
    お笑い芸人のコウメ太夫が12日にツイッターを更新。ブレイクを果たした番組への思いをつづった。
    2019/08/13 18:00 右京 園次郎
    https://sirabee.com/2019/08/13/20162142488/

    no title



    お笑い芸人のコウメ太夫が12日にツイッターを更新。切実な思いをぶちまけた。


    ■エンタの神様が放送

    同日、『エンタの神様』(日本テレビ系)が放送された。アンジャッシュといった人気芸人だけでなく、四千頭身といった若手芸人も登場。

    10年ほど前に同番組で一躍ブレイクを果たしたコウメ太夫。だが徐々に台頭してくる芸人の登場などで「一発屋芸人」としてのレッテルを貼られ、番組からは姿を消した。

    関連記事:コウメ太夫、夢を追いかけた顛末 「逃げて」「諦めないで」


    ■「エンタ出たい」

    自らがブレイクを果たすきっかけとなった同番組を見ていたのか、コウメ太夫は「エンタ出たい! エンタ出たい! エンタ出たい!… 出られなチクショウ!!」と悔しさをにじませながらツイート。

    エンタ出たい!エンタ出たい!エンタ出たい!エンタ出たい!エンタ出たい!

    出られなチクショウ!! #まいにちチクショー

    - コウメ太夫 (@dayukoume) August 12, 2019
    https://twitter.com/dayukoume/status/1160890267458658309


    再び世間の目に触れれば再ブレイクすることもできるかもしれないだけに、出演への意欲は相当高いのだろう。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【芸能】コウメ太夫、切実な「チクショウ」 ブレイクきっかけの番組が…

    【【芸能】コウメ太夫、切実な「チクショウ」 ブレイクきっかけの番組が… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/14(水) 05:37:33.67 ID:HeOjesDl9
    8/14(水) 5:30 スポニチアネックス
    闇営業問題で謹慎のスリムクラブ、来月1日復帰を発表
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000013-spnannex-ent

    お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田賢(左)と内間政成
    no title



     闇営業問題で吉本興業から無期限謹慎処分を受けていたお笑いコンビ「スリムクラブ」が埼玉県の大宮ラクーンよしもと劇場で来月1日に出演することが13日、同劇場のホームページで発表された。1日で3回の出番を務める。

     スリムクラブの2人は16年8月ごろ暴力団関係者の会合で闇営業をしたことが発覚し、6月27日から謹慎していた。

    (おわり)

    引用元: ・【芸能】闇営業問題で謹慎のスリムクラブ、来月1日復帰を発表

    【【芸能】闇営業問題で謹慎のスリムクラブ、来月1日復帰を発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/13(火) 21:57:56.18 ID:QgVwRT6d9
    トップ女芸人の座を突っ走る友近(46)。恋多きオンナと思いきや、そのプライベートでは欲求不満ぶりばかりがささやかれているのだ。

    現在、所属事務所の吉本興業が闇営業問題で揺れる中、友近は吉本改革に動いた松本人志(55)に関して「俺についてこいと思っているのでしょうが、私はそこまで追いついていない」と冷や水を浴びせたばかり。気骨ある姉さんキャラそのままの発言だが、現場ではオトコ相手にあふれんばかりの性欲を爆発させている。

    吉本芸人が証言する。

    「このところ姐さんのエロ奇行がエスカレートしていて、僕らオトコの若手芸人が困惑しているんですよ。後輩芸人相手に楽屋で繰り出すエロい悪ふざけですね。姐さんは実際のところ、めったにいないほどの美人で、やたらと色気がある。それだけに、ターゲットにされた芸人はリアクションに困っているのが現状です」

    とはいっても、美熟女ブームの昨今だけに、友近相手ではついムラムラきても不思議ではない。吉本芸人が続ける。

    「僕自身が食らったのは『いきなり手をつかんできて、強引に豊満なオッパイを触らせる』というイタズラですね。なぜか服をはだけていて胸の谷間をワザと見せつけられたこともありました。姐さんの悪ふざけの特徴として、いつも『完全に真顔』なんです。なので普通にツッコんでいいのかわからず、ドギマギしてしまうんですよ」

    これは氷山の一角にすぎない。

    「たびたびターゲットになっているイケメンの芸人いわく『急にキス顔で迫ってきた』とか『急にズボンのチャックを下ろそうとしてきた』とのこと。彼は『思わず勃ちそうになった』と苦笑いしていましたね」(吉本芸人)

    さすがに、やりすぎの感も否めないが、芸人の間では、「相当な『欲求不満』なんじゃないかとの声がもっぱら」だとか。

    「ふだんから臆面もなく『私、今、たまってるのよ』と周囲に語っていて、吉本芸人の間で、『友近姐さん相当たまってる説』が定着しつつある(笑)。吉本の騒動について姐さんと話し合ったことを明かした松本さんが『これ以上しゃべってたら疑われるんちゃうか』と『ワイドナショー』で言っていましたが、間違いなく『たまってる説』を踏まえたものだと思いますよ」(吉本芸人)

    松本相手にキワドイ不満をブチまけられるのは友近だけかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1962793/
    2019.08.13 17:57 アサ芸プラス

    引用元: ・【芸能】友近「アンチ松本発言」でわかった「欲求不満」現場

    引用元: ・【芸能】友近「アンチ松本発言」でわかった「欲求不満」現場

    【【芸能】友近「アンチ松本発言」でわかった「欲求不満」現場 】の続きを読む

    このページのトップヘ