1: 山村貞子 ★
夫が死後に臓器提供、妻も16年後に同じ人物のドナーに

テリ・へリントンさんの夫のブライアンさんは16年前に亡くなった際、
自らの臓器を提供して4人の命を救った。テリさんはこのうち、
腎臓と膵臓(すいぞう)の提供を受けたジェフリー・グレンジャーさんと友人になった。
昨年、グレンジャーさんの腎臓が機能障害を起こすと、テリさんは即座に自らの腎臓の提供を申し出た。
テリさんの腎臓は今、亡き夫のブライアンさんの腎臓とともに、グレンジャーさんの体の中で生きている。

屋根職人だったブライアンさんは、仕事中の不幸な転落事故により35歳でこの世を去った。
ブライアンさんの臓器は腎臓と膵臓のほか、心臓、肺、肝臓も臓器移植を必要とする患者たちに提供された。

臓器提供を受けたグレンジャーさんと提供者の妻であるテリさんは、手術後の1年間お互いの名前などを伝えることが認められていなかった。
それでも匿名で手紙や祝日のカードを交換し、後に直接知り合うようになった。
以降15年間にわたり、堅い友情が築かれていった。

2019年、移植された腎臓が機能障害を起こし、
グレンジャーさんは再び透析が必要になった。グレンジャーさんからその話を聞いたテリさんは、
かねて検討していた生体ドナーになるという考えに従い、
自分の腎臓をグレンジャーさんに提供することを即決した。

初めは冗談だと思ったグレンジャーさんだが、テリさんは本気そのもので移植手術が実現。
現在テリさんの腎臓は、先に移植された夫の腎臓の隣に収まっている。
「また夫婦一緒になれた」(テリさん)

https://www.cnn.co.jp/usa/35155739.html

引用元: ・夫が死後に臓器提供、妻も16年後に同じ人物のドナーに 「また夫婦一緒になれた」 [山村貞子★]

SPONSORED LINK

7: 不要不急の名無しさん
>>1
気持ち悪い同調圧力を感じるな

2: 不要不急の名無しさん
ホラーかよ

3: 不要不急の名無しさん
>>2
スレ立てた奴の名前が既にホラー

4: 不要不急の名無しさん
ものは考えようだな

5: 不要不急の名無しさん
乗っ取りかよ。

8: 不要不急の名無しさん
らメェェ!三臓器関係になっちゃうぅぅぅう

9: 不要不急の名無しさん
中国なら普通にありそう

10: 不要不急の名無しさん
いやいや狙われてるんじゃないの
順番は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット