1: ティーラ(東京都) [VN]
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 近年、ロードサイドや街中など、至る場所で見かけるようになった「唐揚げ専門店」。個人店に限らず、大手飲食チェーンが系列ブランドとして展開している店舗も多い。
外食産業の中で「唐揚げ」が、それも「専門店」が市場を拡大しているのはなぜか。唐揚げ専門店が急増している事情を取材した。(清談社 ますだポム子)

(中略)

● 唐揚げ専門店の魅力は「コストの低さ」 業界転換にも好都合

 なぜ大手飲食チェーンがこぞって唐揚げ専門店を始めるのか。飲食店販促コンサルティングを行う飲食店繁盛会の代表、
笠岡はじめ氏は「唐揚げ専門店は参入ハードルが低い上に、利益が出やすい業態だからではないか」と分析する。

 こうした参入ハードルの低さや利益の出やすさを実現しているのが、唐揚げ専門店にかかる「コストの低さ」だ。

 「原材料の鶏肉が安価だということや、オペレーションが簡単であることも利点に挙げられます。オペレーションが簡便化されれば
人件費が削減できることはもちろん、必要な調理器具が少なくて済むので、開店時にかかる初期費用がかなり抑えられるのです」(笠岡氏)

 唐揚げ専門店は新規参入がしやすく、利益が出やすい。この好条件を成立させる最大の理由が、“唐揚げ”という料理のターゲットの広さだ。

 「唐揚げは老若男女に愛される、まさに国民食。適合立地が非常に広いため、出店場所を選ばないのです。
さらにコロナ対策や昨年10月からの消費増税のあおりを受けてテークアウト需要が高まっている今は、イートインスペースを持たないテークアウト専門店が歓迎されます。
テークアウト専門の店にすれば敷地が狭くても営業できるため、どこにでも店を構えられるのです」(笠岡氏)

 揚げ物に欠かせないフライヤーさえあれば、居抜き物件でも開業ができる。実際、すかいらーくレストランツが展開する「から好し」は、
系列ブランドの業態転換、または既存のガストブランドとの複合業態という形で、店舗を拡大させている。

全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab83c6b74841cd9cc80ad038b60e4cd1349bbaac

引用元: ・最近、「唐揚げ専門店」が急増している理由

SPONSORED LINK

2: 黄色いゾウ(ジパング) [US]
はい

3: ヤン坊(光) [CN]
韓国に平均年収越されたからな

チキン屋みたいなもん

10: めろんちゃん(東京都) [CN]
>>3
これ。
韓国で流行ったものが何年かして日本でも流行る
テレビ然り、ファッション然り。全部韓国の後追い。

4: みのりちゃん(大分県) [FR]
ちよその出稼ぎ???

5: うまえもん(埼玉県) [US]
韓国人がやってる店も多くないか?近所にあるのは韓国人経営で辛い唐揚げ等変わり種が多かった。不味いし

6: けいちゃん(東京都) [BR]
テリー伊藤のあれか
あいつの実家玉子焼き屋だろ

17: 省エネ王子(東京都) [BR]
>>6
胴元はワタミグループ

7: おばこ娘(茸) [JP]
人気の無い産地の食材を優先的に使うことが安さの秘密だからな。

8: じゅうじゅう(ジパング) [AU]
工業用オイルで揚げている

9: ホスピー(千葉県) [JP]
餓死

11: かほピョン(群馬県) [ニダ]
その唐揚げを高くまずく改悪した店がある

12: フライング・ドッグ(茨城県) [US]
やっぱり日本人と朝鮮人のレベルがならびだしてるな

13: ラビリー(愛知県) [IT]
からよし旨すぎる
鳥そのものが持つ本来の旨味じゃなく、作り出された旨味だから
安い材料でも臭味もなく、安定して美味い

14: チョキちゃん(千葉県) [JP]
毒メシ

15: よかぞう(京都府) [US]
粉物よりはコストが掛かる
技術が不必要なことは利点

18: さくらとっとちゃん(神奈川県) [US]
俺をうならせる唐揚げを出す店がない

19: てん太くん(東京都) [ニダ]
小麦粉アレルギーなので米粉を使った唐揚げきぼんぬ

20: ちゅーピー(庭) [ニダ]
急増してた丼丸が一気に潰れた

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット