1: アッキー ★
総務省の「就業構造基本調査」によると、
30代前半の男性の平均所得は、
1997年は500万円代の人の割合が最も多かったが、
2017年時点で最も大きな割合を占めるのは300万円代に。

同省の「労働力調査」を見ると、
若者の非正規雇用者数は20年前に比べると約3倍に増えていることが分かり、
平均所得を押し下げる要因となっていることが伺える。

一方、消費税がここ10年で5%上昇。
大和総研の調査によると、
収入における税・社会保険料負担率は2007年からの10年で、
20.6%から25.7%に急上昇している(2人以上の勤労者世帯)。
これらを踏まえると
「中間層の収入が減り、支出が増えている状態が続いているのは明らか」
と室橋さんは指摘する。

ソース画像
no title

引用元: ・30代男性の平均所得は97年の500万円台から300万円台になる みんな貧しくなってると判明 下り坂の衰退国家 [アッキー★]

SPONSORED LINK

2: ニューノーマルの名無しさん
みんなでなかよくしのうぜ

3: ニューノーマルの名無しさん
はやく結婚しなはれ

5: ニューノーマルの名無しさん
1997年ってFMVリブレットが28万したんだが。

6: ニューノーマルの名無しさん
ネトウヨは低所得ってマジ?

7: ニューノーマルの名無しさん
知り合いの弁護士も、結婚あきらめたって言ってた。

8: ニューノーマルの名無しさん
派遣法改悪が効いてるな

9: ニューノーマルの名無しさん
日本人を豊かにしても日本の政治家の儲けは増えん

10: ニューノーマルの名無しさん
ワイ500万台
未婚恋人なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット