1: みの ★
 1月20日放送のNHK「クローズアップ現代+」の「岐路に立つ居酒屋 雇用と日本型ビジネスの行方」は、衝撃的な内容だった。

 番組の趣旨は、コロナ禍の拡大のため客が激減し、売り上げが6割台まで減少した居酒屋チェーンが、生き残りをかけて、さまざまな業態転換を試行錯誤しているというものだった。

 特に焦点化されたのが、居酒屋チェーンで知られるワタミ株式会社だ。ワタミは居酒屋の店舗のうち3割を焼肉店に転換し、必死の思いで従業員の雇用を守ろうとしているという「美談」が語られた。

 しかし、ワタミの代表取締役会長・渡邉美樹氏が番組後半、ディレクターから非正規労働者の雇用について問われると、その様相が一変したのである。彼が口にした本音は、「非正規差別」そのものだったのだ。

…続きはソースで。
https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20210122-00218787/

引用元: ・【Yahooニュース】ワタミ会長「まずは2割の社員を守りたいので、8割の非正規労働者はロボットに置き換える」 [みの★]

SPONSORED LINK

3: ニューノーマルの名無しさん
バイトがいなければ回らない業界のくせに

4: ニューノーマルの名無しさん
非正規切りを堂々と?

5: ニューノーマルの名無しさん
さすがは自民党

6: ニューノーマルの名無しさん
死ぬまで働け

7: ニューノーマルの名無しさん
無理は嘘吐きの言葉
「ありがとう」さえ食べれば生きていける

8: ニューノーマルの名無しさん
2割の社員に言葉も通じない8割のロボット任せるの?トラブル起こしたら過労死するだろ

9: ニューノーマルの名無しさん
いいんじゃない?
ワタミは存在しないことにする(´・ω・`)

10: ニューノーマルの名無しさん
「時給は300円なんですけど、よく働いてくれます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット