1: アナエロプラズマ(SB-Android) [US]
車に衝突され、意識不明の息子 9年半介護続ける両親の割り切れぬ思い【親なき後を生きる】
https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20210204-00220854/

■刑事裁判の法廷では「反省の情」を示した加害者だったが…
 加害者は事故当時22歳の男性で、運転免許を取ったばかりの初心者でした。

 この日は幼馴染の友人を助手席に乗せて遊びに行っており、前方から裕貴さんのバイクが近づいてきているにもかかわらず右折をし、衝突事故を起こしたのです。

 裕貴さんが乗っていたバイクは、大きな衝撃を受け、フロントフォークが完全に折れていました。

自動車運転過失傷害で起訴された加害者の刑事裁判は、事故の翌年、大阪地裁岸和田支部で開かれました。

 被告人として法廷に立った加害者は、

「本件事故により被害者の方とそのご家族が大変な状態に陥ったことについては、大変申し訳なく思っています」

 と言い、次のように謝罪と反省の気持ちを述べたそうです。

「この裁判が終わった後もお見舞いに行かせてもらうなどして、一生にわたって、被害者の方と家族に対して誠心誠意対応します。自分の刑を軽くするためにこのようなことを言っているのではありません」

「今後、運転免許を一切取りません。運転自体怖くなり、二度と車を運転したくないという気持ちがあります」

 裁判官は、「被告人の刑事責任は比較的重いというべきである」としていましたが、こうした反省の態度を考慮し、「実刑に処するのが相当であるとまでは言えない」として、2012年10月9日、禁錮2年 執行猶予3年の判決を下したのです。

 しかし、父親の清市さんは、憤りを隠せない様子で語ります。

「実は、刑事裁判で加害者が述べたこれらの言葉は、今も何ひとつ実行されていません。先日、彼のSNSや出演しているTV番組を見たのですが、商売で莫大な利益を上げて悠々自適で豪遊し、車も所有しているようです。裁判官は法廷で加害者が発した言葉だけで十分に反省していると判断し、執行猶予判決を下しましたが、今も納得できません。一番悔しいのは裕貴だと思います。18歳で残りの人生を奪われ、こんなに苦しんでいるというのに、一度の見舞いも、謝罪もないのですから」

引用元: ・父親「バイクの息子轢かれ9年間意識不明。裁判で2度と車乗らないと誓った車カスがTV出演SNSで車自慢」

SPONSORED LINK

3: クトノモナス(京都府) [ニダ]
復讐しかないな

4: アクチノポリスポラ(大阪府) [AU]
特定出来ただけラッキーだが、息子が存命なら動きにくいね

6: スフィンゴバクテリウム(茨城県) [US]
晒してくれないと叩きようがない

8: クトノモナス(千葉県) [US]
テレビ出てんの?芸能人?

9: チオスリックス(愛知県) [TW]
金持ちになって高級車を乗り回しているのか
それは許せないと

10: プランクトミセス(東京都) [ニダ]
反省して罪を償うと言ったな。
あれは他人が作った作文だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    1. 1 ななしのとびお 2021年02月04日 22:45 id:1aSQsfdT0
      こんな見づらいサイトは初めてですね。
      二度と来訪しませんようにと願いを込めて記念かきこぉ!
    2. 2 ニューまとめ 2021年02月05日 11:36 id:cxEfC2zh0
      >>1
      管理人です。参考にしますのでどういう所が見にくいか教えていただきたいです。
      不慣れなので、自分でもできるならば直したいので。

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット