1: ばーど ★
※NHK

新型コロナウイルスに関連して、全身の血管に炎症が起きる「川崎病」のような症状が出た子どもが国内で複数、報告されていたことがわかりました。いずれも回復しているということで、日本小児科学会などでは「過度の心配は必要ないものの子どもが感染した場合などは数週間は注意してほしい」と呼びかけています。

これは日本小児科学会が学会のウェブサイトに日本川崎病学会と共同の文書を掲載して明らかにしました。

それによりますと、これまでに数は少ないものの国内で新型コロナウイルスに関連して「川崎病」に似た症状などが出た子どもが複数、報告されているということです。

これらの症例は川崎病とは違い欧米で新型コロナウイルスが広がったあとに相次いで報告された「小児多系統炎症性症候群」とみられ、下痢や発熱、それに発疹などの症状が特徴だということです。

いずれも治療によって回復したということです。

学会の関係者などによりますと、症状が出た子どもは新型コロナウイルスに感染していたか、濃厚接触者だったとみられるということで、学会で詳しく調べているということです。

2つの学会では、過度な心配は不要だとしたうえで、子どもが新型コロナウイルスに感染した場合や家族などに感染者がいる場合は、数週間は子どもの下痢や発熱、発疹などの症状に注意してほしいと呼びかけています。

2021年2月25日 6時11分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210225/k10012884371000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002
no title

引用元: ・「川崎病」のような症状出た子ども 新型コロナ関連で複数報告 [ばーど★]

SPONSORED LINK

3: ニューノーマルの名無しさん
確定したことを発表しろよ

4: ニューノーマルの名無しさん
はじめから言われてた

5: ニューノーマルの名無しさん
どうやって治療するんだよ?

9: ニューノーマルの名無しさん
川崎病みたいに超レアな病気の症状出されてもピンとこないんじゃない?

10: ニューノーマルの名無しさん
今更、遅いだろ
情報を隠蔽しすぎてる
この犯罪政府

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット