2018年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/30(日) 10:49:54.34 ID:CAP_USER9
    山口県警は30日、和歌山県内で置き去りにされた自転車を乗り去ったとして、占有離脱物横領の疑いで、樋田淳也容疑者(30)と同行し、自転車で日本一周をしていた無職の男(44)を逮捕した。

    https://this.kiji.is/418943413502854241

    【【富田林逃走】樋田容疑者と、自転車で日本一周をしていた無職の男(44)を逮捕 占有離脱物横領の疑い 山口県警 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/30(日) 10:44:00.45 ID:CAP_USER9
    no title


    現在、奄美諸島の一部が暴風域に入っており、九州も一部が風速15m/s以上の強風域に入っています。

    ▼台風24号 9月30日(日) 5時推定
     存在地域   屋久島の南西約190km
     大きさ階級  大型
     強さ階級   非常に強い
     移動     北北東 25 km/h
     中心気圧   950 hPa
     最大風速   45 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 60 m/s

    ■50m/sを超える暴風を観測

    no title


    昨日29日(土)は沖縄では、各地で記録的な暴風が吹き荒れ、車が横転したり、木が根こそぎ倒れるなどの被害が相次いで報告されました。

    日付変わってからも奄美地方を中心に猛烈な暴風が続き、鹿児島県の奄美大島にある笠利では、0時30分に最大瞬間風速52.5m/sを観測しました。

    ■今日の夕方以降 四国?紀伊半島に上陸へ

    no title


    台風はこの後、再び勢力を強めながら北東方向に進む見込みです。
    上空のジェット気流に乗るためスピードを上げて、今日30日(日)には非常に強い勢力を保ったまま、夕方以降四国?紀伊半島に上陸する可能性が高くなっています。

    その後は、10月1日(月)にかけて日本列島を縦断するような進路をとるため、広い範囲に大雨や暴風の影響を及ぼす恐れがあります。最新の情報をこまめに確認しながら、土砂災害や河川の増水や氾濫には十分警戒するようにしてください。

    ■伊勢湾では近年最大級の高潮が発生する恐れも

    台風や低気圧が接近して気圧が低くなると海面が持ち上がったり、強い風によって海岸に海水が吹き寄せられることにより海面が上昇することで、高潮による被害が出ることがあります。

    今回の台風24号の接近・通過のタイミングで、伊勢湾では過去20年で最高潮位となった2012年台風17号を上回る高潮が発生する恐れがあるため、厳重に警戒するようにして下さい。

    ■近畿・東海は今夜、関東は深夜 外出危険な暴風雨に

    no title


    大阪は今日30日(日)18~21時頃が、名古屋でも19時~23時頃が風雨のピーク。この時間帯は特に危険が高まりますので、外出はしないようにお願いします。
    京阪神のJR在来線は正午までに全ての運転を取りやめることを決めました。

    東京は台風の進路からやや離れるものの、今夜23時~明日10月1日(月)2時頃を中心に記録的な暴風が吹き荒れるおそれがあります。生活時間帯から外れますが、早めの帰宅が安心です。

    ■台風の名前

    台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
    台風24号のチャーミー(Trami)は、ベトナムが提案した名称で、バラ科の花の名前です。

    2018/09/30 05:20 ウェザーニュース
    https://weathernews.jp/s/topics/201809/300005/

    ★1が立った時間 2018/09/29(土) 21:21:10.82
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538268554/

    【【気象】台風24号「チャーミー」、今夜、四国か紀伊半島に上陸。関東も記録的な暴風に 30日5時予想★8 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/30(日) 10:23:44.46 ID:CAP_USER9
    no title


     夏の音楽特番などの歌番組からバラエティまで、引っ張りだこのDA PUMP。“ダサかっこいい”ブレイクから4ヵ月経ってもその勢いは衰えることはない。2018年も後半戦の今、年末の歌番組での活躍も視野に入ってきた。もはや単なる“バズ”ではなく“ムーブメント”として継続させるのは、やはりグループをけん引するリーダー・ISSAによる“天性の人たらし力”が寄与しているのではないだろうか。

    ■“ダサかっこいい”から4ヵ月、今もヒットが続く「U.S.A.」で証明した“確固たる実力”

     「U.S.A.」のダサいジャケット写真、ダサかっこいいミュージックビデオがネット上でバズったのが今年の5月。ミュージックビデオがYoutubeで公開されてから10日で200万回再生されるなど、瞬間風速のすごさから「6月のシングル発売まで勢いが持つのか」と心配するファンの声がSNSに上がっていたが、その勢いは衰えるどころか今も加速し続けている。

     その後も再生回数を伸ばし、7700万回(9月現在)を超えている。さらに、オリコン週間デジタルシングル(単曲)では7月23日付に1位に輝いており、最新ランキング9月24日付でもトップ5に位置している。すでに“いいねダンス”は子どもたちにまで浸透し、『SONGS』(NHK)や『スカっとジャパン』(フジテレビ系)、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)、などでも特集を組まれており、DA PUMP、そしてISSAのブレイクの炎はまだまだ熱い。

     「昨年“バブリーダンス”で話題を集めた荻野目洋子の『ダンシング・ヒーロー』などユーロビートの再評価が来ている時代にマッチしていたこともありますが、この人気の基盤にあるのは彼らの“実力”」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。「ISSAさんの歌声もダンスも当時から芸能界屈指と折り紙つきです。初めて見た若者にとっては“に実力のあるパフォーマー”でしょうし、デビュー当時を知っている我々から見ても劣化はまるで感じられない。所属事務所・ライジングが大事にしているパフォーマンスの高さ、生歌の完成度を体現してきたのがDA PUMPであり、けん引してきたのがISSAさん。また、表舞台に姿を見せない間、無料ライブなどで地道に頑張っていたことなどもファンには刺さっています。単なる“バズ”ではなく“ムーブメント”にまでなったのは、そんな彼らの“本物”感によるところも大きい」(同氏)

     事務所の後輩であるw-inds.の橘慶太も「(『U.S.A.』のヒットは)仕掛けだけじゃなく、実力ありきなんですよね。実力のある人たちがやるからカッコイイわけだし、バズったんです」と、ORICON NEWSのインタビューで語っている。

    ■モテ男ならではの“盛り上げ上手さ”や、遊び心の効いた無言のエールも話題に

     時を経ても錆びつかない実力の持ち主・ISSA。「さらにいえば、ISSAさんの“盛り上げ上手さ”や、モテ男ならではの時折さりげなく見せる優しさにも、勢いが絶えない要因があると考えます」と衣輪氏は続ける。

     安室奈美恵が引退した翌日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の『ウルトラFES 2018』では、「U.S.A.」のラストを、安室奈美恵の楽曲「a walk in the park」の振り付けに変更してサプライズ披露した。ISSAのアクターズスクール時代の“元先輩”へ向けての無言のエールとリスペクトだったのだろう。遊び心の効いた粋な計らいにSNSでは「感動」「安室ちゃんを入れてくれて本当にありがとう!」「DA PUMP最後すぎる」など多数の称賛が上がった。

    >>2以降に続く

    9/30(日) 9:55
    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000326-oric-ent

    【【芸能】DA PUMP、ISSAの“天性の人たらし力” 「U.S.A.」をバズでなく継続したムーブメントに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/30(日) 05:03:44.55 ID:CAP_USER9
    9/30(日) 5:00 スポーツ報知
    三田佳子、次男逮捕後初の公の場 明るく振る舞うも思わず涙「もう一度奮起」

     女優の三田佳子(76)が29日、横浜情報文化センターで行われた公開セミナー「名作の舞台裏『花の乱』」に出席。11日に次男・高橋祐也容疑者(38)が覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されて以来、初めて公の場に姿を見せた。

     三田はトークでは次男の事に触れなかったが、心労で少しやせた印象。「いのち」(86年)、「花の乱」(94年)とNHK大河ドラマに2度主演したが、室町幕府の8代将軍、足利義政の妻・日野富子を演じた「花の乱」が歴代の大河で2番目に低い平均視聴率(14・1%)を記録したことを今も気にしているよう。「役を知ると悪女じゃないと思えた。それが演技に出て見る人もつまらなくなったのかな」。義政役の故市川團十郎さんとの共演映像に見入り懐かしさで涙をぬぐう場面もあった。

     制作を担当した同局の放送総局長・木田幸紀氏も出席。三田は「偉くなられたけど、スケジュールのハードさと役の影響で木田さんを呼び、『しっかりして~!』とほっぺたを叩いたことも。すると他の人たちから『僕も叩いて』と言われ参った」とユーモラスに話し、努めて明るく振る舞った。最後に「私もいろんな“乱”を乗り越えて人生やってきた。もう一度奮起して演じることをやっていきたい」とあいさつ。客席からは拍手が起こった。


    「花の乱」の映像を見ながら涙をぬぐった三田佳子
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00010001-spht-ent

    【【芸能】三田佳子、次男逮捕後初の公の場 明るく振る舞うも思わず涙「もう一度奮起」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/30(日) 09:27:31.06 ID:CAP_USER9
     女優の雛形あきこ(40)が29日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。夫で俳優の天野浩成(40)の仰天行動を暴露した。

     天野の雛形への異常な愛情表現はこれまでも話題になっていたが、この日も雛形が仰天行動を暴露。「とにかくどこにでもついてくる。デパートだったり美容院も。美容院では個室があるんですけど、私が来ると天野も来るってわかっているので(個室に)小さい椅子が用意されている。髪を切っている間は(何もせず)ずっと前に座っている。たまに話したり…」と明かした。

     世間を騒がせたGPSでの行動監視については「当たり前になっちゃっていて…。(天野は)全部スケジュールを知っているので、どうでもよくなっている」と苦笑い。自身のグッズコレクションが自宅にあるといい、「お話していたら(トイレにも)ついてきますね。トイレ中もずっと話したり。ドアは閉まっていますけど…」と話して共演陣をざわつかせていた。

    2018年9月30日 8時53分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15377414/

    写真
    no title

    【【芸能】<雛形あきこ>夫の異常愛を暴露!美容院では「ずっと前に座っている」「お話していたら(トイレにも)ついてきますね」 】の続きを読む

    このページのトップヘ