2019年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/30(火) 22:06:47.71 ID:5Fh7M/OX9
    元プロ野球選手のタレント・長嶋一茂(53)が30日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー夜の特大版 今夜決定!平成ニッポンのヒーロー総選挙」(後6時半)に生出演。
    1993年のJリーグ創設に脅威を感じていたことを明かした。

    番組では18万人が選ぶスポーツ選手で11位にランクインしたサッカー元日本代表の横浜C・三浦知良(52)について特集。
    Jリーグ元年の盛り上がりと同年のアメリカW杯のアジア最終予選でのドーハの悲劇を紹介した。

    一茂は「オレも現場にいたじゃない現役で。まあ、ずっとベンチにいた人間だけど…」と現役のプロ野球選手としての立場からの見解を語りだした。
    「野球選手としてはサッカーの台頭は本当に恐ろしかった。ドーハの悲劇だって悪いけど、負けろ!負けろ!って、ずっと思っていた。ゴメンね北澤くん!」
    と同じゲストのサッカー元日本代表MF北澤豪さん(50)に謝罪した。

    一茂は「これで勝っちゃったら野球人気が(サッカーに)抜かされちゃうと思ったんだもん」と理由を説明した。

    一茂はドーハの悲劇と言われた日本―イラク戦をテレビで見ていたという。「前半は日本有利で後半も途中まで優勢だったはず。急に(流れが)変わったんですね」
    と話すと北澤は「(途中で)武田(修宏)さんが入っちゃったから。僕だったら大丈夫だった」と説明。
    一茂は「タケチンか!」と納得の表情を浮かべた。

    ドーハの悲劇は深夜の放送にもかかわらず視聴率48%をたたき出した。一茂は「さっき言ったけれど、プロ野球界が危惧していたのはこの数字。
    (当時は)巨人戦でも20%いくかいかないくらいだった。負けてあの数字だったから、勝っていたらどうだなったんだろうって、(翌日の)朝、我々の中で話していた」と明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16396263/

    2019年4月30日 21時43分 スポーツ報知

    no title

    https://image.middle-edge.jp/medium/849e3863-584a-427c-90a0-fc77ba5aa125.jpg
    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=hdr2nrAsJXI


    1993.10.28 【ドーハの悲劇】〔ノーカット〕

    【【芸能】長嶋一茂、サッカー人気に脅威を感じていたことを告白「ドーハの悲劇だって負けろと思っていた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/30(火) 20:20:17.65 ID:CXzcP9mp9
    眞鍋かをりがパーソナリティをつとめ、リスナーと一緒にテーマに沿った独自の音楽チャートを作り、今みんなが聴きたい曲をシェアしていくTOKYO FMの番組「KOSE Your Songs Best10」。
    4月28日(日)の放送は、「平成を代表するアーティストBEST10【女性アーティスト編】」をお届けしました。

    第10位は、一青窈さん。平成14年にシングル「もらい泣き」でデビューしました。平成16年リリースの「ハナミズキ」は、“平成でもっともカラオケで歌われた曲” に選ばれました(「DAM平成カラオケランキング)より)。

    第9位は、“恋愛ソングのカリスマ”西野カナさん。平成20年にデビューし、22年リリースのシングル「会いたくて 会いたくて」が大ヒット。今年2月から無期限の活動休止に入り、3月には入籍を発表しました。

    第8位は、平成19年のデビュー以来、パワフルな歌を届け続けるSuperflyさん。平成20年のヒット曲「愛を込めて花束を」は、テレビドラマ「エジソンの母」(TBS系)の主題歌にも起用されました。

    第7位は、浜崎あゆみさん。平成10年に歌手デビュー。“女子高生のカリスマ”と呼ばれ、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などの流行を生み出し、社会現象を巻き起こしました。

    第6位は、椎名林檎さん。平成10年にデビューし、“新宿系”アーティストとしてブレイク。それまでのJ-POPシーンにはなかった妖艶な魅力で、独自の世界を切り開いてきました。

    第5位は、MISIAさん。平成10年、“5オクターブの音域”と言われる圧倒的な歌唱力で鮮烈なデビューを飾りました。デビュー曲「つつみ込むように」は、代表曲として挙げられるヒットナンバーです。

    第4位は、今年デビュー30周年を迎えたDREAMS COME TRUE。眞鍋は、「平成の歴史とドリカムのキャリアがちょうど重なるんですね」とコメントしていました。

    第3位は、平成10年デビューの宇多田ヒカルさん。デビューシングル「Automatic/time will tell」はダブルミリオンセールスを記録。15歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果しました。
    眞鍋は、「15歳でこの曲を書き下ろしたとは……まさに“天才”としか言いようがない、そんな鮮烈なデビューでした」とコメントしていました。

    第2位は、AKB48。“会いに行けるアイドル”として、平成17年に東京・秋葉原を拠点に始動しました。今やその姉妹ユニットは海外にまで広がるほど。
    眞鍋は、「こうして振り返ると(AKB48のプロデューサー)秋元康さんってすごい人ですよね。昭和の時代におニャン子クラブを、平成にAKB48をブレイクさせ……。令和はどんなアイドルをプロデュースするのでしょうか?」と期待を寄せました。

    第1位は、安室奈美恵さん。平成7年にソロデビュー。平成を駆け抜け、昨年9月、多くのファンから惜しまれつつ引退しました。
    リスナーからは「ストイックな姿に憧れていました。私が生まれる前から、母は安室ちゃんが大好きで、幼少期のドライブの車内BGMは、いつも安室ちゃんでした」というメッセージも届きました。

    「平成を代表するアーティストBEST10【女性アーティスト編】」はコチラ。
    第10位 一青窈
    第9位 西野カナ
    第8位 Superfly
    第7位 浜崎あゆみ
    第6位 椎名林檎
    第5位 MISIA
    第4位 Dreams Come True
    第3位 宇多田ヒカル
    第2位 AKB48
    第1位 安室奈美恵

    番組では、4月からスタートした「KOSE Beauty Tag」もオンエア。美容のプロフェショナルをお迎えし、スキンケアやメイクなど“キレイになるヒント”をお届けする新コーナーです。
    4月のゲストは、ヘアメイクアップアーティストの河北裕介さん。番組と連動した「春の保湿ケア」についての動画も、ぜひチェックしてみてださい!

    2019-04-28 (日) 11:30 東京FM
    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/gXB6UiOsI5.html?showContents=detail

    【音楽】<平成を代表する男性アーティスト>3位B'z、2位星野源、1位は?/TOKYO FMの番組「KOSE Your Songs Best10」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556412804/

    【【音楽】<平成を代表する女性アーティスト>7位「浜崎あゆみ」 3位「宇多田ヒカル」 2位「AKB48」 1位は? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/30(火) 17:43:17.33 ID:5Fh7M/OX9
    no title


    激動の時代を過ごした平成の芸能界。令和に移り変わろうとしているなか、女性自身の記事のなかでも反響の大きかった平成スクープを改めてお届けしたい。

    『キッズウォー』や『花より男子』など平成を代表するドラマで、強い存在感を放ってきた井上真央(32)。しかし、16年の事務所移籍後は表舞台で目にする機会が減り、一部では芸能界引退報道も。そんななか、彼女の口から本誌記者に語られた真相は意外なものだった(以下、2017年4月4日掲載記事)。

    「井上さんは、今年1月9日で30歳になりました。人生の節目を迎えた彼女は、女優としても1人の女性としても、自分の将来を真剣に考え始めているようです」(芸能リポーターの城下尊之さん)

    ここ1年、実質上の“休業状態”が続いている井上真央。年明けの特番『新春大売出し!さんまのまんま』(フジテレビ系)に出演したものの、ドラマや映画の出演予定は全く聞こえてこない。連ドラも15年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で主演を務めたのが最後だ。

    この1年間におよぶ“休業”は彼女のある“決意”によるものだと報じられてきた。それは、“交際12年恋人との結婚”。その相手とは、嵐の松本潤(33)だという。3月20日付の『東京スポーツ』では、「松本との結婚のために井上はこのまま引退するのでは」という“電撃引退説”も報じられた。

    井上と松本は05年、『花より男子』で共演し、交際が始まったといわれている。

    「マスコミ関係者の間では『彼女が30歳になったら結婚する』ともいわれていたのですが……」(芸能関係者)

    だが昨年末、状況が一変する。井上と交際を続けるかたわら、松本が別のタレント女性と4年にわたり交際を続けていたと、
    「週刊文春」で報じられたのだ。さまざまな憶測を呼んでいる“休業状態”の真相は、果たして――。
    その答えを本人に聞こうと3月下旬、本誌は井上を直撃。正午過ぎ、愛犬を散歩させようと都内自宅から現れた井上に声をかけた。

    ――報道されている松本さんとの恋愛、結婚についてお聞きしたくて。

    「いやいやいや、ちょっとここでお答えするのもアレなんで。事務所を通してお答えさせていただきますよ」

    これまで週刊誌などの直撃取材には口を閉ざしてきた井上。だが記者が質問を重ねると、次から次へと“意外な答え”が返ってきた。

    ――松本さんとご結婚が近いと報じられてますよね。

    「いやいや、全然全然!」

    ――1年ほどお仕事を休まれていることと結びつけて“引退か”なんて報道もありましたが。

    「あれには、私もびっくりしました。でも、しょうがないですね。いろいろ言われるのがこのお仕事なので」

    ――では、引退はない?

    「ええ、まったくないですよ。はい(笑)」

    ――いまはすべてをリフレッシュする期間だと?

    「はい、お仕事もこれから始めます。いまはまだ、発表してないんですけど……」

    結婚、引退と立て続けに質問をぶつける記者に、キッパリと否定した井上。「年明けにも」と言われてきた“結婚引退”は、今の井上にはまったく視野に入っていないようだ。

    ――松本さんとタレント女性の交際報道で落ち込んでいらっしゃるとの報道もありましたが。

    「アハハ、なんですか、それは(笑)。本当にみなさんの妄想が激しいので、びっくりしちゃいます」

    ――松本さんとのご結婚は全然ないんですか?

    「う~ん……。答えてしまうとみなさんにご迷惑をおかけしてしまうので。お答えしたい部分もあるのですが、申し訳ありません」

    本誌直撃に“女優再開”を宣言し、井上は予想以上の明るい笑顔を見せた。12年間“彼”を信じて待ち続ける井上に“春”は訪れるのだろうか――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16395226/
    2019年4月30日 17時0分 女性自身

    【【芸能】井上真央 休業状態の真相告白【女性自身平成スクープ】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/30(火) 17:33:48.29 ID:wSdy505Y9
    http://japan.techinsight.jp/2019/04/miyabi04292243.html
    2019.04.30 1

    長唄の最大流派「杵勝会」の第十二回全国大会歌舞伎座公演が、4月27~28日に開催された。2007年に乳がんが発覚し摘出手術を受けた後に長唄を始めたという山田邦子は、「杵勝会」杵屋勝之弥師匠のもとで稽古を重ね、晴れて東京・歌舞伎座の大舞台に立つことができたという。この舞台には母親や友人、そしてたくさんのファンが駆けつけてくれたのだが、「とても残念なことがあった」そうだ。

    29日のブログで「歌舞伎座という聖地の真ん中で歌わせていただけた」と興奮冷めやらぬ様子の山田邦子。師匠から“杵屋勝之邦”との芸名をもらい、日々稽古を重ねてきたが「ものまねが得意なはずなのに、何故こんなにてこずるのか?」、「譜面が読めるのに学校の勉強も出来たのに、なんで調子が取れないのか?」と悩み続け、ついには「むいてないのか? 辞めようか…」とまで思い詰めたこともあったという。

    本番当日、彼女の努力を間近で見てきた師匠に背中を叩いてもらい、歌舞伎座の舞台に立った山田邦子が目にしたのは「母や友達、ファンの方々」、「遠方から来てくださった知人」そして「昔からお仕事でお世話になっている方」と大勢の知り合いの顔であった。「みんなの無言の『がんばれ~』が心に届き、落ち着いて唄うことが出来ました」と、

    感謝の言葉を綴っている。しかしその一方で、客席には太田プロダクションのスタッフが誰一人いなかったらしい。
    今年で芸能活動40周年を迎える山田邦子が、デビュー当時から世話になっている太田プロ。「この事は新しい令和の年に向けいろいろ整理が付く、出来事にもなりました」「残念です」と意を決したような彼女の文面が気になるところだ。

    ♦抜粋
    39年所属しておりました太田プロダクションの
    事務所スタッフには
    誰ひとりも観てもらえなかったことが
    とても残念でした
    この事は
    新しい令和の年に向け
    いろいろ整理が付く、出来事にもなりました。
    残念です
    no title



    【【芸能】山田邦子、所属する太田プロの事務所スタッフが誰ひとり長唄の舞台を観に来ず「残念です」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/30(火) 17:05:15.14 ID:CXzcP9mp9
    タレント・中川翔子が30日夕方、NHKで放送された報道特番「天皇陛下きょう退位」(午後4・00)に出演した。

     番組は退位礼正殿の儀を中継し、エースの武田真一アナウンサーが司会。宮内庁元侍従次長や、天皇陛下の学習院時代の同級生ら、そうそうたる人物が出演する中、中川が出演。テロップで「タレント、趣味はイラスト読書、東京五輪・パラのマスコット審査会メンバー」と紹介された。

     平成最後の日、NHKは朝から硬軟さまざまな番組を放送したが、この特番は最も厳かな雰囲気。

     中川は4月1日の新元号発表日のNHK特番にも出演したことにふれ「末代まで語り継げる日になりそうです」と笑顔で語った。

     ネット上では「なぜ退位特番に中川翔子!!」「なんでしょこたん居るんや。ウケる。」「NHKの厳かな番組にまた出ているしょこたん」「HNKのキャストやべぇ」と驚き、おもしろがる投稿が集まっている。

    4/30(火) 16:42配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000093-dal-ent

    【【テレビ】<中川翔子>NHK「退位特番」に出演 ネット沸く「何故しょこたん!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ